FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マッサージに向かないとき

6月に入り、近くの皇子山公園に梅の実を取ろうと
早起きして行ったら、昨年はいっぱい落ちていた場所に、
梅の実は、今年は陰も形もありませんでした (T-T )

どなたかに先を越されたわけではなく、
木に全く実がなっていなくて・・不思議です。
これも日照不足の影響でしょうか。


今日はマッサージの向き不向きについて、神経のお話を交えながら、
ちょっと書いてみたいと思います。

「自律神経」という言葉、よく耳にしますよね。

例えば、マッサージしてもらって、「気持ちがいいなあ」と感じる神経(感覚神経)と、
マッサージ中ずっとうつぶせで首がしんどいので、頭を動かそうとする神経(運動神経)。
この2つの神経は「体性神経」というのですが、自分の意識下で感じることのできる神経です。

これに対して「自律神経」は、体性神経とは違って、
無意識のうちに体の機能を調整しています。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があり、
この2つの神経は、

◎「闘う・逃げる神経」=「交感神経」
◎「リラックス・休む神経」=「副交感神経」


と言われています。


最近はストレス過多や生活習慣の変化などが原因で、全般的に交感神経が優位になりがちで、
両者のバランスが取れていない人が多いといいます。

そして、交感神経が優位の状態に長くあると、常に筋肉が緊張しっぱなしで、肩こり、
便秘、動悸、手や足の冷えなどが起こってきます。

では、マッサージをした場合、この「自律神経」にどう影響するのでしょうか。

マッサージされると、鼻水が出たり、トイレに行きたくなったり、身体があたたかくなったり、眠くなる・・、
つまり、『からだの栓がゆるむ、あたたかくなる』

これは、「リラックスする神経」=「副交感神経」が優位になることから起こる反応です。


(じゃあ、しんどいときに、マッサージすればいいんじゃないの)ということになりますが、
必ずしもそうではなくて、


鼻水や咳がひどく出たり、体が熱っぽかったり、関節や筋肉の痛みが激しいときに、
マッサージするとどうなるでしょうか。

「そう、症状が悪化します」。

副交感神経に働きかけるマッサージが、炎症などの熱の症状を強くするためです。


しんどいなあ、マッサージしてもらいたいなあ・・そう思っても、
安静にしていたり、他の医療機関にかかったほうがいい場合もありますので、
気をつけてくださればと思います。


『マッサージが向かないとき』 
  
× 熱がある (デスクワーク後の頭の熱っぽさは○)            
× 関節や筋肉の炎症&強い痛み        
× 咳や鼻水がひどい
△ 肌にかゆみがある (アロマは向いている場合もあります)
△ 月経中(とくに経血量の多いときは×)
× 妊娠初期 (安定期に入るまで)
× 手術後
△ 投薬後すぐ (薬が効きすぎる恐れあり)
△ 食事後 (1時間くらいはあける)


CA3C0275.jpg

↑ ベランダのゼラニウムやフランネルの花が満開です。
ハーブ系の花は強くて、長く咲いていてくれます!
写真は「フランネル」の花


























Re: フランネルの花

蒸し暑くなってきましたね。お元気ですか?

フランネルはハーブの仲間らしく、ただ水をあげているだけなのですが、
非常に長持ちしていいですよ。
最近は手間のかからなくて、生命力の強いハーブ系の植物が
ベランダの主役ですわ^^
[ 2010/06/20 17:43 ] [ 編集 ]

フランネルの花

 フランネルの花ってきれいんですね。
 初めて見ました。
 ほんとに上手にお花を育てられるんですね。
 コツを教えてほしいです。
 私には草花への愛情が足りないのかな。e-351
 
[ 2010/06/19 18:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamakinko.blog68.fc2.com/tb.php/94-edde86e1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。