FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏に、レッグウォーマー!?

梅雨が明けると、なんと日差しの強いこと!
洗濯物は一瞬でカラカラ。植物は朝に水をあげても、夕方には日干しになっている・・。
これぞ猛暑といった感じですね。

今日は、ここ2年程前から愛用しているレッグウォーマーについて。
こんな暑いときにレッグウォーマー!?と思われるかもしれませんが、

わたしが日頃、体のケアでお世話になっているリフレクソロジストのK先生に、
「こんないいものがありますよ♪」と教えていただいたのがきっかけで、
夏でも冬でもかかさず足首につけるようになりました。

そして夏に着けているのが、綿の薄いレッグウォーマー
ふだんは裸足で、足首だけこれを着けています。

 なぜ「足首」をあたためるとよいのでしょうか、

女性の体にはクーラーなどの強い冷気に対して特に弱い場所があって、
それは「首」「背中上部」「足首」と言われています。


そして私がこのレッグウォマーを使いだして「とくに楽になった♪」と実感したのが、
「冷え症と月経痛」 でした。

仕事柄、足首にあるツボ「三陰交」(内くるぶしから指4本分上にある)が
冷えや月経痛によいことは知っていたので、足首周辺はお灸やマッサージを自分でもよくしていましたが、

レッグウォーマーは常日頃つけていられるし、即効性がありました。


20代~30代は生理不順やPMS、不妊症
30代~40代は子宮内膜症や子宮筋腫やプレ更年期
50代~60代では腰痛や泌尿器系のトラブル


どの年代の女性にとっても、腰から下のトラブルはなかなか多いです。

このような症状をお持ちの方によくよく話を聞いてみると、

産後すぐに重い荷物をもって動き出したり、
若い頃、冷たい地べたに座っていたり、
クーラーで凍えていたり、
シャワー党だったりと、


誰しも子育てや仕事に忙しい年代の頃は、体力がある分、
無理もしてしまいがちで、自分の身体のことは後手後手になってしまいます。

冷房の効いた乗り物に長時間乗るときや、職場では
ストールや薄手のレッグウォーマーを活用してみてください。


そして、暑い季節になってきたとしても、足下だけは
冷やさないよう気をつけてください。




kinkoの最近こんなこと



CA3C0318.jpg


CA3C0314.jpg

↑ 母が植えたプチトマト。毎日3つ程のおいしいプチトマトが採れます。
味も濃厚!ベランダ菜園もなかなかいいですね。


CA3C0312.jpg

↑ 義理の母が作ってくれたお赤飯。
非常に美味しくて、一生心に残る日となりました。

[ 2010/07/20 ] 春~夏の養生 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamakinko.blog68.fc2.com/tb.php/93-03f2d485


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。