FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

精油紹介:プチグレン

『10代は長く感じた月日の流れも
20代はけっこう早く感じたのですが
きっと30代はもっと、早く感じるのだろうなと思いながら・・・(;^ ^)
人生焦ってもしかたがないのに、またまた焦っています (反省)』

*********************************

今通っているアロマの学校は、精油(アロマセラピーで使うオイルのこと)

について70種類ちかくを学ぶのですが、

なかなか手に入らない精油も学校にはそろっているので 大変うれしいです♪ 


精油の香りは同じオレンジでも、メーカー、採れた国、気候(時期)などによって
香りがぜんぜん違ったりして、それがまた精油の個性であります。


今回、ご紹介する精油は、とても良い香りなのにあまり一般の方には

知られていない精油「プチグレン」です。

ビターオレンジの小枝や葉から採れるこの精油は、明るい琥珀色の液状のオイルで
フレッシュなオレンジの香り+ネロリのフローラルな香り+すこし渋みのあるハーブの香りが
入り交じったような、とても奥深い香りがします。



不安、パニック、怒り、ストレスに関連した症状を助け、気持ちを和らげる作用があり、
化膿したニキビや荒れ気味の肌にも、有用であるため、

フェイシャルやボディのアロママッサージによく使う精油で

アロマの香りが苦手な男性でも気に入ってくださることから、
別名「ビジネスマンオイル」とも呼ばれます。


値段も比較的安価で10ml 約1700円 。

皮膚刺激が少ないので、どんな肌タイプの人にも向いていますので

お酒に混ぜてお風呂に入れたり、
♪アロマランプでたいてみたり
♪植物油に薄めて(500円玉大のオイルに精油1滴)お顔や首をマッサージしてみたり
スプレーをつくってみたり  してみてください



pr00133.jpg

↑ 橙の木。
食用にはできませんが、皮も枝も葉も精油に使われます。
香水や紅茶(アールグレイ)にもよく使われる「ベルガモット」も橙から採れます。




[ 2008/11/07 ] 精油紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamakinko.blog68.fc2.com/tb.php/64-52256f73


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。