FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

残暑の置き土産(胃腸の不調)

8月もお盆を過ぎました。

大津は、夜になると蝉の声は止み、かわってコオロギの音色が聞こえるようになってきました。

「秋の気配漂う」 

夜風に吹かれていると爽やかでなんとも (*^ ^*)気持ちがよいものです。




夏の日差しにうきうきしたときもありましたが、

そろそろ夏の疲れが溜まる時期でもあります。


冷房病、胃腸病、脱水、暑さによる体力消耗や不眠、日焼けによる肌荒れなど

夏場にみられる不調もさまざまですが、

特に「胃腸の疲れ」はつらいもの。


胃腸の不具合には、ツボを押したり、ツボの周囲をあたためるといいといいます。


今回はお腹周りにある胃腸のツボを紹介しますので、

手のひらであたためたり、指でソフトに指圧してみてください。


① チュウカン おへそから指4本分上のところにあるツボ

② カンゲン  おへそから指4本分下のところにあるツボ

③ チュウキョク カンゲンのすぐ下にあるツボ

④ テンスウ  おへその両横人差し指と中指2本分を並べた外側にあるツボ

⑤ ダイコ   テンスウから指4本分下にあるツボ



わたしも、職業柄、前屈みになってマッサージをしていると腹部(横隔膜周囲)を押しつぶ

すような姿勢になってしまっていることが多く、胃腸に影響が出るのではと思うことがあり

ます。


デスクワークをされている方も同じように、お腹を押しつぶすような姿勢が

長時間続くため、胃腸や横隔膜を圧迫しがちです。



お腹を押しつぶしたような姿勢は、やはり胃腸に負担をかけてしまいます。

こんな姿勢がよく続くという方は、お腹を指圧したり温めたり

するのと同時に、寝転んだ状態で、背中にクッションを当てるなどして

背中やお腹をストレッチしてあげるようにしてください。


「胃腸の不調は真っ先に肌に現れる」といいます。

明るく澄んだ肌を保つためにも、


食物はよいもの

姿勢はよくする

ストレスのない

冷えのない


こんな生活ができれば完璧かもです 

なかなか現実は厳しいですが(笑)












 






[ 2008/08/19 ] 症状とツボ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。