FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋への準備

明日からいよいよ9月ですねー。
今週は天気もあまりよくなかったせいか、夜なんかはぐっと秋の気配が感じられ、私の寝ている部屋などは涼しくて窓を開けていられないほどでした。

虫の声がはや大合唱で、いや~私の大好きな秋近しですね ハート4^^

季節が移ろいでいくと、使う精油の種類も変わり、クライアントさまの好みの精油も微妙に変わるから不思議です。

「レモングラスは夏の精油だー!!」とよく言いますが、けっしてそんなことは決まっているわけではないのに、夏といえば○○というイメージがきっと知らず知らずのうちに頭の中にインプットされているのでしょうか。(きっと私の頭の中にも・・汗

でも、レモングラスがインドネシアなどの熱帯の国でとれるように、暑い国のハーブらしく、暑い夏に活躍してくれるというのも分かる気がします。

 話はさておき、秋になると少しずつ肌が乾燥してくる。湿度の高い夏場はお肌がつやつや(ぎとぎと?)されていた方も、秋から冬にかけては乾燥肌にかたむいていきます。

そんなとき、私が最近よく作るのが、「お肌の疲労回復クリーム」。
お風呂あがりに、化粧水、美容液でお肌を整えたあと、乳液や美容クリーム代わりに使うのですが、お肌しっとりつやつやになるのです。

アロマセラピーに少しずつ慣れてきたら、スキンケア向きの精油をつかってぜひ皆さんも手作りクリームに挑戦してみてください♪

◎お肌の疲労回復クリームのつくり方◎

用意するもの:ゼラニウム精油2滴 ネロリ精油2滴 ミツロウ8g ホホバオイル40ml シアバター2g 


作り方:

①耐熱容器にホホバオイルとミツロウを入れ、湯煎で溶かします
②完全に溶けたらシアバターを加え、混ぜながら完全に溶かします
③②をクリーム容器に移し、混ぜながら冷まします。(粗熱がとれる程度まで)
④粗熱がとれたら精油を加え、よく混ぜます(つまようじで混ぜるといいですよ)
⑤そのまま放置し、固まったら完成です!

・耐熱容器はビーカーなどがあると便利です
・途中で固まってしまってもまた湯煎にかければ溶けるので焦らず作ってみてください。
・精油はスキンケア向きのものであれば上記のとおりでなくてもけっこうです。
・使用期限は1ヶ月です。冷蔵庫での保管は固くなりすぎるので、直射日光の当たらない涼しいところで保管してください。
・スキンケア向きの精油 (サンダルウッド ラベンダー ローズ パルマローザ カモミールローマン フランキンセンス イランイランなど)

難しそうですが、一度つくるととてもいい香りで、お肌にもいいのでやみつきになりますよ。 ぜひ作ってみてくださいませ。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamakinko.blog68.fc2.com/tb.php/29-dcf04226


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。