FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

外から帰ったら蒸気吸入法で風邪の予防

今年は急性胃腸炎を引き起こす風邪が流行っていますが、
みなさんは体調崩されていませんでしょうか?

そういう私も、先日頭と喉が痛くなりこれは大変だ!と思っておりましたが、なんとか元気になりました。

とくに朝方は気温がぐぐーっと下がるので寝ている間に、
布団が体にかかってなかったりするといっぺんに具合が悪くなります。


今日は、風邪気味のときにするといいアロマセラピーを使ったケアのお話をしたいと思います。

風邪気味だなっと思ったら、

まずは、胃腸に負担にならない食事を取り、水分を多めに取って早く体を休めてください。

そして喉やお部屋の空気を殺菌してくれるユーカリやティートゥリーの精油を使った、
「蒸気吸入法」がおすすめです。


「蒸気吸入法」とは、熱いお湯の中に精油を1~2滴たらし、
その湯気を吸うという方法です。

精油の香りとともに殺菌成分が充満してくるので、
喉や呼吸器の殺菌、抗菌という薬理的作用が期待できます。

ご家庭でも気軽にできる方法ですので、
喉がイガイガするときされてみてはいかがでしょうか?

殺菌・抗菌作用のある精油はたくさんあるのですが、

ティートゥリー、サンダルウッド、ユーカリ、カユプテ、ペパーミントは、おすすめです。

鼻にさすような強い香りが苦手の方は、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の精油を使われるといいでしょう。


注】喘息をお持ちの方は刺激性があり咳を誘発する恐れがありますので、サンダルウッドやレモンがおすすめです。

注】お湯が冷めてきて蒸気が少なくなってきたら精油を入れるのではなく熱いお湯をたしてください。
5分くらい蒸気を吸えば十分殺菌作用がありますので、長時間行う必要はありません。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamakinko.blog68.fc2.com/tb.php/2-40192f8c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。