FC2ブログ

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

発展途上の私

窓を開けて、真夏の服でいると、およよ、なんだか寒い。
9月も彼岸を過ぎるとぐっと秋らしくなりますね、そろそろ長袖を出さないと。

今年の夏は、炭酸をよく飲みました。炭酸と言ってもコーラやスプライトではなく、
自家製の梅ジュースや紫蘇ジュースを炭酸で割って飲みました。

そして、食のライターをされているお客様に教えていただいた「玄米」をせっせと食べました。

「玄米」は調べてみると、整腸作用や解毒作用をはじめ、どんな体質の人でも
体質改善の効果があるといいます。ひたすよく60回咬む、粘り気が出るまで咬み続ける・・

そのかいあってか、月経時にきまっておこっていた「胃もたれ」が、今年の夏は全然
ない。

『医食同源』とはまさにこのことのこと。水穀の精微として身体にとって有益な成分が、
五臓六腑の働きを助けることを実感しました。


東洋医学は、自然界や人体をとりまく現象を、万物を五通りに分類する「五行説」をもとに考えます。
それは「木 火 土 金 水」の五行に展開されていて、さらにその五行も「陰と陽」に分かれています。

食についても「五味」といって、味覚の所属が当てはめられています。
「木は酸、火は苦、土は甘、金は辛、水は鹹(かん)」となります。
五味にはそれぞれ入りやすい臓腑があって、その臓腑を養います。

鍼灸の学生時代、東洋医学の根底とも言える、この基礎を学び始めたとき、
なんだかこの現代の医学や社会にそぐわない違和感を強く持ったのをよく覚えています。


同じクライアントさんであっても、1年を通じてみていると必ず体調が悪くなられる時期があり、
つらい症状も似たり寄ったり。
食生活や生活習慣、ストレス度を聞いて行くと「ああやっぱり」と思い当たる。

その症状が少しでも楽にできればと、鍼や灸をしたり、アロマの手技を変えてみたり。


マッサージの技術や鍼灸の経験を積んで来て、自分に対して
少しは自信が持てたと思っていましたが、

人から教えていただくこと多しです。

そして学生時代「違和感」をもっていたあの東洋医学の原点こそ、大切なんだと
今はよく分かります。


まだまだ発展途上ですが、これからさきも努力していきたいです。



ハティをご利用下さっているみなさま

いつもハティをご利用下さり、本当にありがとうございます。

HP上の問い合わせホームからご予約をいただく場合、
タイムラグがございますため、すでに先約の方が入っており、
ご予約をお取りできない場合がございます。

せっかくご予約下さったのに、本当に申し訳ございませんが、
どうぞご了承下さいますようお願い申し上げます。

                        野口 欣子

                      
























スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。